むくみが起こるメカニズム

サロンなどに通って小顔矯正などを受けている方、小顔を目指している方は、日常生活からむくまないような生活をすることが大切です。こちらでは、むくみが起こるメカニズムをご紹介します。

むくみの正体

私たちの身体は、約6~7割が水分と言われています。身体の水分の内訳は、細胞の外にある細胞外液が約3分の1、細胞内にある細胞内液が約3分の2で、細胞外液の約8割が細胞間に存在する間質液、残りは血管やリンパ管の中を通る血液の液体成分である血しょうやリンパ液であり、間質液は全体の15%を維持するように働きます。間質液は、動脈側の毛細血管から染み出た栄養素を細胞に届け、細胞の代謝によってできる老廃物を静脈側の毛細血管やリンパ管へ戻す役割を担います。

静脈が詰まったりリンパ液の流れが滞ったりすると間質液が血管に戻れず、これによりむくみが発生します。
病気や体質、生活習慣といった様々な原因で血管から染み出る水分量が多過ぎる、血管に戻す水分量が少な過ぎるなどで間質液のバランスが崩れ、行き場を無くした水分が皮下に溜まるのがむくみの正体です。

特に多い足と顔のむくみ

足と顔は全身の中でもむくみやすいポイントです。心臓から送り出された血液は全身を巡って心臓に戻ります。
心臓から最も遠い足へ送られた血液は、重力もあり戻りにくく、その血液が心臓に戻るためには足の筋肉が欠かせません。
よく動けば筋肉もよく動き、静脈血を心臓まで押し上げます。逆に立ちっぱなし、座りっぱなしなど、筋肉があまり動かなければ、重力に従って下半身で滞りがちになります。立っていれば重力で下方向への流れが強くなり、横になれば身体に均等に水分が行き渡りやすくなるので、顔のむくみは寝ることが一番の原因と言えます。

寝起きでむくんでいても日中には自然に解消されますが、特にうつ伏せで寝るのは避けた方が良いです。
顔のむくみがひどくなるのは、就寝前の水分摂取や多量の飲酒が挙げられ、その他睡眠不足や乱れた生活習慣も原因となることがあるので、むくみを抑えるためには規則正しい生活が重要です。

大阪で小顔矯正を受ける際は、大阪府箕面市の美容サロン、マナーズビューティーにお任せください。
小顔にはバランスとむくみ除去が重要であり、顔はもちろん身体の骨格の歪みを整え、むくみを取り除きながら女性の美容と健康にアプローチする美容整骨を行います。悪い習慣を骨格からリセットし、美肌やスタイル維持をサポートいたしますので、エステサロンや美容サロンをお探しの方はぜひマナーズビューティーへお越しください。

美幹塾 Manners Beautyへのお問い合わせはこちら

  • 美容整骨とは?
  • Misatoメソッド
  • モニター事例
  • メニュー料金
  • 営業時間・アクセス
  • お問い合わせ

Misato

Misatoの写真

ワンランク上の改善プログラムです。美のスペシャリスト・女性に特化した現役パーソナルトレーナーが、貴女のライフスタイルまで徹底サポートいたします。

  • トレーナーMisatoのプロフィール
  • Misatoのブログ
ページの先頭へ戻る