小顔を維持するための生活習慣

スッキリとした小顔は女性の魅力を高めてくれます。モデルのような小顔に憧れて、サロン矯正をしている方も多いでしょう。
しかし、矯正して歪みを整えても、生活のふとした癖からまた歪んでしまう可能性があります。小顔を維持するためには、生活習慣を意識することが大切です。

頬杖をつかないようにする

頬杖をつくのが何気ない癖になっている人は多いと思います。しかし、頬杖は顔が歪む原因になるだけではなく、ほうれい線やたるみなど、その他にも悪影響を及ぼします。顔には表情筋というものがあり、頬杖のように片手で支えては表情筋が緩んでしまうでしょう。

そして、圧力をかけることでほうれい線ができますし、コラーゲンが不足している状態ではたるんでしまう可能性があります。
また、手に付着している菌が顔につくことも考えられます。美肌のためにも意識して気をつけるようにしましょう。

仰向けに寝るようにする

寝るときに「横向き」「うつ伏せ」が多い方は注意が必要です。人間の頭は約6kgありそれを片方だけにのせると、片方だけに負担がかかってしまいます。そして、それが顔の歪みを引き起こす恐れがあるのです。また、歯並びにも影響するでしょう。
左右どちらかに負担がかかる横向きやうつ伏せは避け、寝るときは仰向けが望ましいと言えます。

両側で噛むようにする

片側だけで料理を咀嚼すると、筋肉のつきかたに影響が出ますし顔の歪みにも繋がります。左右で10回ずつ噛むくらいを意識しましょう。それと同時に注意したいのが「食いしばる癖」です。何気ない瞬間に歯を食いしばっているという方も少なくはありません。しかし、これも歪みを生じさせる原因になりますので気をつけてください。

大阪箕面にあるマナーズビューティーは美容整骨サロンです。歪みを整える施術とともに食事やセルフケアの仕方まで、トータルサポートを行っています。
大阪で美容整骨サロンをお探しならお任せください。歪みを整える施術やパーソナルトレーニングでお客様の健康美をサポートいたします。顔の歪みやむくみが気になるなど、お悩みがあればお気軽にご相談ください。

美幹塾 Manners Beautyへのお問い合わせはこちら

  • 美容整骨とは?
  • Misatoメソッド
  • モニター事例
  • メニュー料金
  • 営業時間・アクセス
  • お問い合わせ

Misato

Misatoの写真

ワンランク上の改善プログラムです。美のスペシャリスト・女性に特化した現役パーソナルトレーナーが、貴女のライフスタイルまで徹底サポートいたします。

  • トレーナーMisatoのプロフィール
  • Misatoのブログ
ページの先頭へ戻る