キレイに正しく立てているのかを確認する方法!

こんにちは!大阪箕面の【姿勢矯正・骨格矯正】美容整骨サロン「マナーズビューティー」のMisatoです。

 

先日、お伝えした美しく立つ秘訣について。

normal

ブログを愛読してくれているお友達から、こんな質問を受けました。

 ”姿勢を正し始めたら、なぜかお腹が出てきた!

こんなこっとてあるのー?”

 

基本的に、正しい立ち姿勢の場合は

お腹は出ません。むしろ、ヘっこみます!

 

同じような違和感を待たれている方も居るのでは?!と思い

簡単な確認方法も含めてお伝えしていきますね。

 

まず、お腹が出る=腹筋が弱い(お腹の力が全く入っていません)

この状態で考えられるのは、『反り腰』です。

 

e1338281897472

ぽっこりお腹が出ていて分かり易いので、

とてもシュールな画像をお借りしましたが(笑)

 

ハイ!それではキレイな姿勢をとってみてください!と、声をかけると

大体の方がこのような姿勢になっています。

c300feb9

これは、腰に負担がかかり腰痛の原因になりますのでご注意ください。

 

この姿勢は、お腹の力を必要としない為に、とても楽に取れちゃう姿勢なんです。

なので、これが正しいと思い込んで続けてしまった結果、

腰にばかり負担がかかり、腰を痛めてしまう可能性が大いにあります。

 

ex5-5

 

そこで、自分は反りすぎている?正しく立てている?

不安な方に、簡単なチェック方法があります!

 

一度、壁側に立って自分の思う正しい姿勢をとってみてください。

 

その際に、

腰と壁の間に《手の平》を通してください。

 

96958A9C93819499E0E7E2E29A8DE0E7E2E3E0E2E3E0E2E2E2E2E2E2-DSXZZO3828693025012012000000-PN1-18

 

ここでチェックポイント

【手首まで入る場合】反りすぎています ※注意

骨盤が前傾しているので、腰が反っている状態です。

 

→ おへその下側(下っ腹)に腹圧を入れて骨盤を立ててください。

 お腹でグッと壁を押すイメージで、腰と壁との隙間を狭めていきます。

 (●お尻のほっぺとほっぺをくっつける、と簡単に骨盤は立ちますよ)

 

その時、腹圧はしっかりと入った状態にあると思います。

 

ですので基本的に、正しい立ち姿勢の場合は

お腹は出ません。むしろ、ヘっこみます!

 

つまり、

【手首は入らないが、手の平一枚分はすっと入る隙間】

→これが正解です!!!

 

 

すぐに、お友達にもその方法を伝えたところ、

 ”手首はいりまくりだわ”

 

”立つのが難しいなんて、

今まで生きてきた根本からくつがえされた(笑)”

 

と、嬉しい叫びをいただきました♪

 

皆さんもこのチェック方法を踏まえた上で、

再度美しく立つ秘訣を見直してみてくださいね〜^^

 

 

>>メールフォームから直接Misatoに連絡

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

美幹塾 Manners Beautyへのお問い合わせはこちら

ブログメニューを展開
  • 美容整骨とは?
  • Misatoメソッド
  • モニター事例
  • メニュー料金
  • 営業時間・アクセス
  • お問い合わせ

Misato

Misatoの写真

ワンランク上の改善プログラムです。美のスペシャリスト・女性に特化した現役パーソナルトレーナーが、貴女のライフスタイルまで徹底サポートいたします。

  • トレーナーMisatoのプロフィール
  • Misatoのブログ
ページの先頭へ戻る